ホホバオイルヒー リングビューティーショップ

ホホバオイルとは、アリゾナ南部や北西メキシコ南部、アメリカ西南部カ リフォルニア地方などに生息しているツゲ科の多年草の低木過酷な自然環境にも適応できる生命力の強い植物の 『ホホバの から抽出される天然オイルです。

砂漠 という環境に適応するため、 貴 重な水分を保つ保湿性に非常に優れています。
そ のためホホバオイルは昔から スキンケアやヘアケアに、 ケガの手当てや食用に利用されてきました。
腐る事がないといわれるほど酸化しにくく安定しているため防腐剤の必要がないの でスキ ンケアオイルやマッサージオイルとして高い人気を誇っています。スキンケアやヘアケアに使用するのに、防腐剤が必要ないのは嬉しいですね。

ホホ バオイルの主成分『ワックスエステル』が、ホホバオイルの分子構造は人体と非常に似ているために医療の分野でも ヤケド治療やアトピー性皮膚炎の保湿、人工心臓に潤滑油として使用されるほ ど。
また、アルコールや界面活性剤の助けを借りずに肌になじみやすく、 更には、ホホバオイルの成分には、抗酸化作用を持つビタミンEを始めとする 各種成分(アミノ酸・ビタミン・ミネラル)が豊富に含まれています。

人間の肌にとって、最も刺激がない油分は自身の体内から分泌された皮脂ですが、人体と同じワックスエステルを含むホホバオイルは、人の肌にとって最も安全 で低刺激なオイルなのです。

1970年代初頭にマッコウクジラが捕獲禁止になったことを受け、オイルを摂るためにホホバの栽培が本格的に開 始されましたがその際、マッコウクジラのオイルとホホバオイルには類似点も多く、アリゾナ大学の研究によって、ホホバオイルには多くの優れた効果・効能が あることがわかったのです。以来、この万能性の高いホホバオイルはスキンケアオイルやマッサージオイルとして多用されるようになったのです。

ホホバオイルはこんな方におすすめ

ホホバオイルを通販するならこのショップランキング

PROBIO
ホホバオイルには精製されたオイル(透明)と非精製のオイル(金色)の2種類があります。
『精製』と言うとなんとなく高級と思われる方もいらっしゃると思いますが、透明な 精製オイルは、産油量を増やすため熱を加えて高圧でプレスします。そのことにより不純物が出てくるので精製せざるをえないのです。これは、ホホバが吸収し たビ タミン・ミネラルなどの滋養分が失われてしまうという事です。
それに比べてPRO BIOはコールドプレス(低温圧搾)で、未精製の不純物が少ないビタミンやミネラルが豊富に含んだ最高品質のオイルです。

PRO BIOのホホバオイル
PRO BIOのホホバオイルは、オーストラリアの大地で、農薬や化学肥料 を一切使わない完全オーガニック(有機栽培)で収穫まで10年という長い年月をかけて育てられたホホバの実のみを原料としています。オーストラリアは化粧品や薬事に対して大変厳しい基準を 設けており、その基準をクリアしないと製品にはなりません。PRO BIOは、世界の中でも公害が少ないと言われる広大な大地の恵みを受け、高い安全基準をクリアした品質の高いオイルなのです。


肌が乾燥する
肌が荒れる
シミ、くすみが気になる
しわ、たるみが目立つ
ニキビや吹き出物が気になる
髪がぱさつく(ヘアケア)
アトピーの症状
日焼け


アンチエイジングにも最適。抗酸化作用と豊富なビタミン郡
肌の加齢による衰えは、言い換えると、細胞が酸化するという事です。例えばリンゴの皮をむいてしばらく置いておくと茶色になりますが、それと同じように細 胞が錆びていくという事です。
ホホバオイルは高級化粧品に天然の防腐剤として配合される程、抗酸化作用が 高い事で知られています。また、非加熱のコールドプレスで抽出されたホホバオイルには多量の生きたビタミン群が含まれています。
ビタミン群は肌の新陳代謝を促し、肌の血流を良くする働きを助けてくれるので、肌のしわやたるみを防ぐと共に、メラニン色素の生成と排出のバランスが保たれ、シミ・くす みを防ぐと言われています。


ヒー リングビューティーショップ


ヒー リングビューティーショップのホホバオイルはおすすめです。

ヒー リングビューティーショップ本文本文本文本文本文。






おすすめホホバ オイル

NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」

ホホバオイルQ&A

ホホバオイルのよくある質問と疑問を解決


ヒー リングビューティーショップ


見出し4

※ホホバオイルはとても安全な物質ですが、植物性オイルそのものにアレルギーがある等、希に体質や使用箇 所によっては合わない場合もございますのでその場合は使用をお控えの上、直ぐに専門医にご相談ください。ご心配な方は腕内側など皮膚の柔らかい部分に10 円玉大に塗り、20分放置し状態を見る、バッチテスト=アレルギーテストをおすすめします。赤みやかぶれなどがなければ使用しても大丈夫です。異常がある ときは使用をお控えください。